×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユニクロックはあまり好きではない

一時期、ユニクロのテレビCMで「UNIQLOCK」というものがあって、ブログパーツとしても公開されていました。
日本発なのですが、あれよあれよと話題を読んで、最終的には世界的な広告大賞みたいなものも受賞していました。

 

そういうわけで人気なことには間違いないことなのですが、私はこれがどうも好きにはなれないのです。

 

というのも、ブログパーツとして使われていると、勝手に音が鳴り出して、映像では、よくわからないコミカルな動きをしているじゃないですか。

 

一つ目の理由

まず一つ目の理由が、音や動きが強制的であるという点です。
もちろん消音にすることはできますが、デフォルトで消音にしておいて、音を出すことができるという方が正しいような気がします。

 

二つ目の理由

次に、時計の表示とそのコミカルな動きが、交互に映し出されていくのですが、その動きと時計と一体何が関係あるのか、よく意味がわからないのです。
なので2つ目の理由が、動きの意味がわからないという点です。
それなら、よくありがちな数字を身体で表現することを、これまでにない形で表現した方が良いと思うのです。

 

今、改めてユニクロックのサイトにアクセスして、見てみたのですが、やっぱり意味がわかりません。
基本的には女の子がダンスをして、「ポーン」という音に合わせて、変化を付けるのですが、ドヤ顔はしていないけど、「ドヤって」言われているようで、本当に好かないです。

 

それに、その決めポーズには、やっぱり意味を感じられず、ホントに無駄なことをしているな〜
という印象です。

 

最近は、話題にもならないし、本当に意味がないのではないでしょうか。
何だか海外の広告賞を受賞したみたいで、外国の広告レベルも大したことがないのかもしれませんねぇ。